【消費×良費】住まいは投資か?消費か?浪費か?に対する考察④

investment&consumption&waste 消費

おはようございます!

皆さん、楽天のお買い物マラソンで
良い買い物出来ましたか?
私はまだ買おうと思っていたものがあったんですが
寝落ちしてしまい高ポイント還元を取り逃しました(泣)

前回からの続きです。

①持ち家か?賃貸か?

②一戸建てか?マンションか?

③新築か?中古か?

【消費×良費】新築か?中古か?住まいに対する考察③
この記事では私の主観で『新築と中古のメリットとデメリット』を書いています

もし前回までの記事をまだ読んでいない人は
併せて読んでもらえると嬉しいです。

今回はテーマ④です。

 ①持ち家と賃貸の比較
 ②一戸建てとマンションの比較
 ③新築と中古の比較
▷④住まいは投資か?消費か?浪費か?

もともと④の副題は『私が持ち家を選んだ理由』としていたんですが、
「これは誰も興味ないな!」と感じたので
内容を変更しました(笑)

私の持ち家についてはまたの機会にします。

それでは行ってみましょう!
(=゚ω゚)ノ

④住まいは投資か?消費か?浪費か?

◇これまでのおさらい

住まいを選ぶ時はまず優先度を決めて下さい。
希望を全てを手に入れることも可能ですが
際限なくお金が掛かるので現実的ではありません。

〈持ち家〉は誰に気を使うことなく住めます。
間取の変更から壁紙や床のリフォームまで、
住宅設備も自分の好きなものに変えていけます。
ただし、簡単に引っ越しが出来ません。
被災すれば最悪住まいを失いローンだけが残る可能性もあります。

〈賃貸〉は住み替えが自由自在です。
給料が増えたから駅近の物件に住む事も出来ますし
節約の為に家賃の安い所に引っ越す事も出来ます。
個人的には賃貸にデメリットは感じません。

〈一戸建て〉は支払う金額に対して広く住めます。
地域によっては駐車場も玄関の真横に確保出来るでしょう。
私の感覚ではマンションのメリットは
(お金次第ではありますが)ほぼカバー出来ると思います。

〈マンション〉については駅近である場合が多く
ワンフロアで生活が完結するので導線が最適化されます。
上記で書いた一戸建てに対して、マンションでしか
得れない唯一が高層階からの眺望です。
ただ、これは地上と部屋との行き来に
大きなデメリットがあると思います。

〈新築〉に住むという事は
現代の技術や性能にお金を払うという事です。
『地震に強い家』『冬寒くない家』
こういった住む上での安心や快適は魅力的です。

ですが、世の中では住宅ローンを組む人の一定数が
完済前に破綻して家を手放しています。
途中売却して負債がゼロになればいいですが、
残債が残れば家を手放して賃貸で家賃を払いながら
ローンも支払わなければいけない可能性もあります。
そういったリスクを回避する方法として
〈中古〉を選んで購入単価を下げるのは賢明とも言えます。

◇住まいを選ぶときの価値観を認識する

これまでの過去3つのテーマで
それぞれのメリットとデメリットを挙げてきました。
「そんな事知ってるよ!」という人も
「なるほどな~」という人も
これから新しい住まいを考えている人も
ぜひ自身の住まいに対する価値観を明確化して下さい。
家族で住むなら家族の意見も聞いてみて下さい。

私の家に対する個人的な価値観はありますが、
それは万人に推奨するものではありません。
ただ、ひとつ推奨することがあります。

悩んでいる間は賃貸に住んで下さい!

よく「家賃を払うなら持ち家でローンを払うほうが良い」と言います。
先日もあるYouTube動画を拝見していて
「5年後に持ち家を買うならそれまでの
5年間払う賃貸の家賃がもったいない」
という意見を見ました。そういう考え方もあるかもしれません。

ただ、私としてはその5年間に支払う家賃は
掛け捨ての生命保険料のようなものだと思います。

持ち家を、特にローンを組んで購入する場合は
その先に待つゴールは〈完済〉か〈途中売却〉かしかありません。

生活スタイルが変わっての途中売却なら良いかもしれませんが、
ローン破綻での途中売却は悲劇でしかありません。
そのリスクを取るかどうかを検討する時間に対する対価が
5年分の家賃になります。

ローンは組んだら最後です。
原則は途中でのストップはありません。
よくよく検討して下さい。

よって、私が思う優先順位として
一番最後に選ぶ住まい方が持ち家×一戸建て×新築です。
この選択肢が最もお金が掛かり、且つリスクが高いです。

『駅近に住みたい』とか『広い家に住みたい』とか
いろんな希望があると思いますが、
それを叶える選択肢は恐らくひとつではありません。
どういった組み合わせの住まいを選ぶかで
住み始めてからの人生に大きく影響が出るので
自身の住まいへの価値観を明確化して下さい。

◇住まいは投資か?消費か?浪費か?

住まいへの価値観を明確化するために
この記事のテーマである
〈投資か?〉〈消費か?〉〈浪費か?〉
これに置き換えてみましょう。

もしも〈投資〉目的で住まいを選ぶなら
数々のインフルエンサーたちが言っている
『家を資産として買うなら、
プラスのキャッシュフローでなければいけない』
という事を
しっかりメインに据えましょう。

「なんのこと?」

と、思われた方。
おそらくその〈投資〉用の住まいは
負債で終わると思うので勉強し直してましょう。

私は不動産投資の分野においては未経験ですので
それは不動産投資について
発信されている諸先輩方から学んでください。

「住めたらいい」
「特に住まいに強いこだわりはない」
という方は〈消費〉目線で住まいを選びましょう。
住めたらいい、こだわりはない、のであれば
持ち家や新築である必要はありません。
ただ、家賃を抑えるために生活の不便さを感じる
郊外の一戸建てである必要もないと思います。

〈消費〉としての住まいの最適化は
賃貸×マンション×中古の組み合わせが
最もコストパフォーマンスに優れているでしょう。

「都心部のタワーマンションに住みたい!」
「私は注文住宅で建てたい!」
という考えの方は、しっかりと〈浪費〉と認識して下さい。
ただ、この住まいを贅沢な無駄遣いではなくて
自分や家族の心を豊かにする
〈良費〉になるように努めて下さい。


私は良費には大賛成です!

お酒もたばこもギャンブルも特に興味がない。
仕事が終わって帰る家ではリラックスがしたい。
こういう人は家にお金を掛けてもいいと思います。
ただ注意してほしいのはローンを組む際です。
ローン破産になるリスクはしっかり検討して下さい!

駅近のタワーマンション、良いと思います!
でも持ち家である必要はありますか?
それを満たすだけなら賃貸でも叶えられます。

広い一軒家に住みたい、良いと思います!
でも新築である必要はありますか?
それを満たすだけなら中古でも叶えられます。

注文住宅で建てる一戸建て、良いと思います!
でもハウスメーカーで建てる必要ありますか?
破産のリスクを抑える為に建築コストは抑えましょう。

持ち家として一戸建てやマンションを購入した人によっては
「後々、賃貸で人に貸すのも有り」とか
考えている人は借りる側になってぜひ考えて下さい。

そこに家賃いくらで住みたいですか?

他人に貸すかもしれない可能性があるなら
それは〈投資〉要素があります。
しかも住宅ローンは持ち主が住む前提なので
安い金利で貸してくれます。

他人に貸すならローン残債は無いほうが良いでしょう。
残債があって他人に貸すなら高い金利を覚悟するか、
そもそも売却してしまうほうが良いかもしれません。

投資か?消費か?浪費か?

次の住まいを選ぶ際の参考になれば幸いです。

以上( `・∀・´)ノヨロシク

コメント

タイトルとURLをコピーしました