【音楽】これからギターを始める人が挫折しないコツ①

Guitar beginner ブログ運営初期

おはようございます!

もう前回のブログで持てる力の
ほとんどを出し切った状態です(;´Д`)

聖闘士星矢の主人公・星矢の「ペガサス流星拳!」的な。

BLEACHの主人公・黒崎一護の「月牙天衝!」的な。

唯一にして最大の決め技を早速使ってしまった感じです。
もう、出せる技が、、、
(泣)

頑張って絞り出してみます。

私はブログは初心者です。
直近で『初心者』だった頃の何かを思い出してみると、
全くの未経験からスタートして
10年以上続けている趣味にギターがあります。
そこで今回は、これからギターを始める人が
最初にいくつかぶつかる壁の攻略法を書いてみます。

このブログで分かる事。
▷①最初のギター選びについて
 ②最初の関門〈F〉の壁の攻略法
 ③継続させるコツ

さっそく行ってみましょう!

 

①最初のギター選びについて

そもそもギターを始めようと思った理由はなんでしょう?
「友達にバンドに誘われたから!」
「女の子にキャーキャー言われたい!」
「プロになって有名になりたい!」
どれも立派な動機ですね。

私の場合は昔コブクロファンが集まるオフ会に行った際に
ギターを弾いている人がいて、
目の前でかき鳴らされる生演奏に衝撃を受けたんです。

単純にカッコよかった!
自分もやってみたい!

ただそれだけでした。

私の場合はコブクロだったので
アコースティックギターを買いに行きましたが、
勿論エレキギターを始める人も
ギター選びの考え方の参考にして下さい。


アコースティックギター


エレキギター

ギターを始めるに当たって、
そもそもいくらお金が掛かるの?
これは最初に抱く疑問だと思います。

楽器屋さん行くとピンからキリまで沢山の
ギターが並んでいてどれを買えばいいか分からないと思います。
おすすめの買い方は簡単です。

店員さんに聞きましょう!

これで万事解決です。

未経験者が始めるにあたって悩む事が多いので
そこは素直にプロにアドバイスを求めましょう。

ただ、店員さんも商売ですので
「もしかしたら高いギターを売りつけられるのでは?」
なんて思うかもしれません。
ですので楽器屋さんに行く前に予算を決めて下さい。

『いくらぐらいのギターを買えばいいの?』
という疑問に対して私なりの回答は
初心者に高いギターは不要です!
2~5万円程度のもので十分だと思います。

高いギターは確かに音がキレイです。
20~30万円くらいまでのモデルなら5万円も変われば
音の質も全然変わると私は思います。

ただ、初心者では恐らくその違いが分かりにくいと思うので、
最初は3万円程度のギターを選んで、
1~2年後に10万円以上のワンランク上のモデルに移行しましょう。

この金額そのものを高いと感じるか安いと感じるかは
個人差があると思いますが、
もし店員さんがこれ以上の金額をお勧めしてきたら
はっきりと予算オーバーと伝えましょう。


そして何も知らない初心者が見落としてしまう事があります。
ギター本体以外にもお金が掛かる事です。

絶対に必須なのが〈チューナー〉です。

楽器というのは特定の音階を鳴らす為に調整が必要になります。
それを計測する機械がチューナーです。
これは1,000~3,000円くらいします。
おすすめはクリップ式のものです。

次に必要になるのが教本です。

アコースティックギターの主たる演奏は〈コード〉と言われる
複数の弦を同時に押さえて弾くことになるんですが、
このコードの押さえ方は無数にあります。
簡単な曲なら4~5種類覚えれば弾けますが、
10~20種類は覚えないと1曲完奏は難しい上に
曲ごとにそれぞれパターンが異なるので
最初はコードを覚えることから始まります。

なのでコード進行が載っている
初心者入門書などが1冊は必須です。

あと、個人的におすすめなのが
自分の好きなミュージシャンの
ギター曲集みたいなものも1冊買うといいでしょう。

理由は単純に練習のモチベーション維持の為です。

ですので2冊の本を買うと3,000~5,000円ほど掛かります。

さらに、アコースティックギターを始める人が
持ってると便利なものが〈カポタスト〉です。

これはギターの音階を簡単に変換出来る超便利なアイテムです。
2,000~3,000円程度です。

注意としては、ロープライスなやつで
ゴムバンドみたいものがあります。

使い勝手が良くないので個人的にはおすすめしません。

あとは〈ピック〉ですね。

これは1枚200円程度です。
無くしたとき用に2~3枚あれば十分です。
硬さや形に種類がありますので3枚買うなら
3種類の硬さを1枚ずつ買ってみて
自分の使いやすい硬さを探して下さい。

最低限これらは必要になります。
ギターに比べれば金額は安いですが、
それでも本体以外にも1万円程度は掛かる事を知っておいて下さい。

☆補足☆
その他にも手入れ用のクロスやクリーナー、
持ち運び用にギターケースや
交換用のギター弦などもありますが
初回購入時には不要です。
予算に余裕があるならご検討下さい。

私の場合は
『ジャンプの裏に初心者セットが1万円程度で載ってるから、
2~3万円もあれば買えるだろう』と思ってお店に行ったんです。

↑↑↑こんなやつ雑誌の巻末とかでよく見かけませんか?

結果購入したギターは32,000円ほど。
プラス上記で挙げた付属品で別途1万円ほど。
合計で4万円以上で完全に予算オーバーしました(笑)

ですが、今振り返ってみると
最初に選んだギターはこれで良かったと思います。
今は使っていませんが、大事に手元に保管してあります。

 

まとめです!

〇最初のギターは安いモデルで十分
→3万円台なら安物過ぎず、でも高過ぎないと思います。
〇本体以外にも必要なものがある
・チューナー
・初心者入門書1冊
 ※コード一覧表は必須です。
・好きな歌手の曲集1冊
・カポタスト
・ピック2~3枚
〇総額で5万円程の予算が目安

ギター選びの参考になれば幸いです。

次回は最初の関門〈F〉の壁の攻略法を紹介します!

 

以上( `・∀・´)ノヨロシク

コメント

タイトルとURLをコピーしました