【日本株】値上がり銘柄に逆張り投資2021_1123【5071:ヴィス】

日本株
スポンサーリンク

当記事は逆張り投資企画の運営初期のものです。
構成等のリライトは行っていますが、銘柄選定そのものは当時のままです。

2022/03/01現在とはスクリーニングルールが異なっている為、銘柄選定においては不十分な内容となっている場合があります。
「毎日更新を半年以上続けて、どれほど差が出るのか?」
そういう視点で参考にして頂ければと思います。予めご了承願います。

このブログは毎日更新で運営しています。
日々の日本株ランキングから実際に1銘柄を選定するまでを公開します。

こんな読者さん向けの内容です

【この記事をオススメするひと】

  • 日本の個別株投資をしている(始めようか検討している
  • 普通のスクリーニングでは除外される銘柄を探している

【この記事で分かること】

  • 再現性の高い個別銘柄の探し方
  • 当ブログで実際に選んだ銘柄の損益結果

こんにちは!
ブログに遊びに来てくれてありがとうございます!

当記事は私自身が日本株を探す過程として、

面白い探し方でポートフォリオを組んでみる

をコンセプトに運営しています。

特定銘柄を推奨する記事ではありませんが。
2022/06現在、毎日4銘柄の比較を260日以上継続しています。

2022/06/25(土)時点の成績

01月~06月の組入れ143銘柄中、54銘柄で利益が出ました。
投資金額は611,836円です。

各個別銘柄の損益結果も公開中。詳しくはコチラ👇

【日本株】逆張り投資銘柄一覧を公開・2022年版

銘柄探しの参考に楽しんで貰えれば嬉しいです。

2021/11/23(火)付。

値上がりランキングからスクリーニングします。

それでは宜しくお願いします😄

スポンサーリンク

【日本株】相場の振り返り

前回の記事

前回のスクリーニング結果と振り返り記事はこちら

11/22(月)逆張り投資銘柄

【4056:ニューラルポケット】
【3245:ディア・ライフ】
【2698:キャンドゥ】
【4194:ビジョナル】

前回11/22(月)時点の振り返り特集記事はこちら。

11/15(月)・10/22(金)・08/20(金)その後の推移

  • 11月15日(月)【6246:テクノスマート】
  • 10月22日(金)【3969:エイトレッド】
  • 08月20日(金)【1724:シンクレイヤ】

3銘柄のうち、2銘柄で利益が出ました。

併せて読んで頂けたら嬉しいです。

日経平均株価の推移

11/23(火)は市場休日の為、直近の市場平均は以下の通りです。

11/22(月)日経平均終値は29,774.11円。
前日比+28.24円(+0.09%)でした。

株価チャートはコチラ

スポンサーリンク

【日本株】スクリーニング①

値上がり銘柄から選ぶ前提条件

銘柄選定ルールの前提条件と注意事項の確認です。

逆張りポートフォリオの作成ルール

ルール①・値上がりランキングの上位銘柄から選ぶ
ルール②・当日終値でポートフォリオに組み込む
ルール③・1日1銘柄1株を必ず選ぶ

注1)当企画は仮想のポートフォリオ作成です。
注2)特定銘柄を推奨している訳ではありません。

高騰した後の銘柄から選ぶ際に注意してほしい事があります。

〈山高ければ谷深し〉

〈天井三日 底百日〉

本来の順張り投資は『安く買って、高く売る』が基本。
ですが値上がりランキングの上位銘柄から選ぶという事は、既に大幅な上昇をした後の株価で購入する事になります。

積極的に高値掴みをする行為であり、上昇した分だけ下落余地があるとも言えます。

悪材料が出た途端に下落する可能性がある点は十分に考慮して下さい。

1点補足です。

『下落余地がある』事から信用取引を検討するかもしれません。
ですが売建てはお勧めしません
ショートポジションは上級者やプロ向けの取引手法です。

〈買いは家まで売りは命まで〉

株価に底値はありますが、理屈上は天井がありません。
信用取引によってショートポジションでエントリーすれば、これが逆転します
損失の底が無くなるという事です。

株式投資の本質は経済への出資です。
基本的には経済は右肩上がりを続ける前提ですので、信用売りは逆行する行為です。
上記の『底が無くなる』を許容出来ない初心者の方は、現物取引で買いから入って売り抜けるという王道の取引をお勧めします。

こちらのツイートも併せて添付しておきます。

ハイリターンを求める行為とハイリスクを背負う行為。
これは両方セットです。リターンだけの享受はありません。
信用取引を検討する場合はくれぐれもご注意下さい。

長期投資の考え方

長期投資とは、加点を狙うのではなく失点を避ける手法です。

短期トレードは売り手と買い手が言い値で株式を交換する事によって損益が発生します。
いわゆる『パイの奪い合い』『ゼロサムゲーム』と言われます。
市場参加者全員で出資したお金を回し合うイメージです。

これは加点を狙う手法で大きなリターンを狙える一方で明確に〈勝者〉と〈敗者〉が分かれる手法になります。
言葉通り短期で〈トレード=交換〉をしているからです。

逆に。長期投資は株式の売買で利益を狙うのではなく、出資した企業や経済が成長する事によって生み出された利益の一部を享受する手法です。
市場参加者全員で利益を分配出来る『プラスサムゲーム』が成立します。
そのため短期的な利益の最大化は狙えませんが、失点を避けられる可能性がある手法と言えます。

ぜひ読者さんの価値観に合った手法を探してみて下さい。

次は実際のランキングからスクリーニングを行います。

スポンサーリンク

【日本株】スクリーニング②

値上がりランキングを確認

日本株の値上がりランキングを確認します。

今日の値上がりランキング上位20銘柄
引用元:ヤフーファイナンス

以下の条件に該当する銘柄がランキングに入っている場合はスクリーニングの対象外とします。
〈ETF〉〈REIT〉〈名証〉〈福証〉〈札証〉〈取引値100円以下〉

スクリーニング条件を確認

当企画ではスクリーニングを簡略化するために4銘柄まで絞り込む段階でのチェックする指標は下記3点に限定しています。

  1. EPS
  2. 自己資本比率
  3. 時価総額

1→2→3の優先順位で絞り込んでいきます。

今日のスクリーニングでは、

まず、EPSがマイナスの10銘柄を除外します。
次に自己資本比率40%以下の5銘柄を除外します。
次に時価総額の低い下位1銘柄を除外します。

指標・業績・チャートを確認

今日ピックアップした銘柄
引用元:ヤフーファイナンス

11/23(火)値上がりランキングから、

【7374:コンフィデンス】
【3986:ビーブレイクシステムズ】
【9240:デリバリーコンサルティング】
【5071:ヴィス】

この4銘柄ピックアップしました。

指標比較

指標比較
引用元:マネックス証券

業績比較

業績比較
引用元:マネックス証券

チャート比較

チャート比較
引用元:マネックス証券

※比較として日経平均とS&P500指数の推移も表示しています。

今回の4銘柄全て上場5年未満(3銘柄は2年未満)の為、
1年チャートとしています。

今回ピックアップしたのはこの4銘柄です。

皆さんはこの中から、どの企業に出資したいですか?

スポンサーリンク

プロモーション

プロモーション①

「これから資産運用を始めてみたい!」
という未経験者や初心者の人。
こちらの記事も併せて読んでくれたら嬉しいです👇

【投資の第一歩】初心者にオススメする証券口座【4選+α】


ブログ投稿ランキング参加中です!
応援クリックして頂けると嬉しいです😆✨✨

スポンサーリンク

【日本株】11/23(火)の銘柄

繰り返しになりますが、当記事は特定銘柄を推奨する趣旨ではありません
これまで選んだ銘柄の株価がどう推移してるのか過去の記事も参考に出来ます。


『投資しない』
『待つも相場』
これらの判断も重要な選択肢のひとつ。

最後は自己責任&自己判断でお願いします。

今日の逆張り投資

今回選ぶのは、この銘柄です。

設立:1999.1
上場:2020.3

空間デザイン会社として、デザイナーズオフィス事業(オフィスコンサルティング、オフィス空間デザイン、企業ロゴや会社案内印刷物等のグラフィックデザイン、Webデザイン)によるブランド統一を支援する企業のようです。

【概要:ヴィス】

概要
引用元:マネックス証券

【指標:ヴィス】

指標
引用元:楽天証券

【株価:ヴィス】

株価チャート
引用元:マネックス証券

※上場5年未満の為、2年週足チャートにて表示させています。

今日の考察

デリバリーコンサルティングは上場して間もないため見送ります。

コンフィデンスも同じく上場間もないですが、こちらはROE89%、営業利益率17%と高収益の点は非常に好感材料です。
ただ、上場来高値4,120円から株価は下落しており、22日終値で見ても約38%もマイナスになっています。今はまだ手を出さないほうが無難と判断して見送ります。

ビーブレイクシステムズは直近の株価急上昇により2020年03月高値を瞬間的に超した事もあり、短期的には上昇転換の可能性もありますが5年チャートで見た時は株価は右肩下がりで低位で横ばいです。
長期運用前提であれば月足チャートでも上昇転換を確認してからエントリーしたい所です。
売上高もほぼ横ばいという点も踏まえて今回は見送ります。

以上から今回はヴィスを選びました
この銘柄も2020年03月上場と実績を辿るには情報が少ない事は懸念事項です。
収益性においても4銘柄とは相対的に見劣りを感じます。
一方で好感材料としては、直近の株価急上昇により2020年04月高値の840円を瞬間的に超しました。
エントリーする場合は2020年10月高値の795円以上で定着した事を確認してからのほうが良いと思います。

あくまで個人的な感想です(‘ω‘)

【5071:ヴィス】

11/23(火)買値:795円

※当該日は祝日で市場が休みの為、11/22(月)終値から引用します。


主市場:東証2部
東証33業種:建設業
決算月:03月


時価総額:64.9億円
自己資本比率:69.18%
有利子負債比率:無し


EPS:40.61円

前期EPSベースで現在の株価であれば益利回りは5.1%となります。

PER:19.58倍
PBR:1.78倍

ミックス係数は34.85オーバーとなります。

今期2022年03月の会社予想EPSは47.6円の為、現在の株価水準なら予想PER16.7倍となります。


ROE:9.40%
ROA:9.70%

前期売上高80.7億円に対して営業利益は5.2億円の為、営業利益率は6.4%になります。

今期2022年03月の予想売上高は91.6億円に対して予想営業利益は5.9億円となっています。


2021年03月の実績1株配当は8.0円。
配当利回りは1.01%、実績配当性向は19.7%です。

今期2022年03月の予想配当は10.0円となっています。


各指標の数値は主に楽天証券及びマネックス証券より抜粋しています。
証券会社ごとに数値が微妙に異なりますので最終はご自身で確認をお願いします。
※上記データは当記事投稿時点の情報となります。

今日のまとめ

今日の1銘柄を加えた今月の逆張りポートフォリオです。

ポートフォリオ一覧
引用元:ヤフーファイナンス

2021年11月は現状20銘柄です。

購入金額は90,847円、1銘柄平均は4,542円。
損益は-5,484円(-6.04%)となっています。

今日のまとめ

11/23(火)は【5071:ヴィス】を取り上げました。
リアルタイムの株価は👆のリンクから確認出来ます。

本日の4銘柄、その後の株価推移はこちら👇

以上、本日の値上がりランキングと日本株の逆張り投資でした。

ブロトピ:今日の投資・マネー情報

ブログ投稿ランキング参加中です!
応援クリックして頂けると嬉しいです😆✨✨

スポンサーリンク

【日本株】お知らせ

投資ブログの最新銘柄公開

最新の【週刊】運用報告記事

2022/06/25(土)時点の成績

01月~06月の組入れ143銘柄中、54銘柄で利益が出ました。
投資金額は611,836円です。

各個別銘柄の損益結果も公開中。詳しくはコチラ👇

【日本株】逆張り投資銘柄一覧を公開・2022年版

06月4週の逆張り投資銘柄一覧

記事一覧
06/19(日)【6912:菊水電子工業】
06/20(月)【6363:酉島製作所】
06/21(火)【1518:三井松島HD】
06/22(水)【6387:サムコ】
06/23(木)【4527:ロート製薬】
06/24(金)【5757:CKサンエツ】

最新の日本株逆張り投資

こちらの記事から最新のランキングと逆張り投資の銘柄が確認出来ます。

また、過去取り上げた銘柄の投資結果も公開しています。
12銘柄の値動きと、最大リターン銘柄を取り上げているので参考にして下さい。

資産運用・その他の記事

当ブログでは主に資産運用に関する記事をメインとして更新しています。
今後の資産形成に興味がある人は一読頂けると嬉しいです。

資産運用関連

【日本株】逆張り投資銘柄一覧を公開・2022年版
〈2022年に当ブログで選んだ銘柄一覧と損益公開です。〉

【投資の第一歩】初心者にオススメする証券口座【4選+α】
〈大手ネット証券4社+αの特徴とオススメポイントを解説〉

【投資信託】eMAXIS Neo徹底解説#07_2022_0110neo
〈2022年01月現在の最新運用状況も公開〉

今回は以上です。

今後の資産運用の参考になれば幸いです!

ではまた( `・∀・´)ノヨロシク

コメント

タイトルとURLをコピーしました